メールやLINEは浮気の証拠になる?

メールやLINE・電話の履歴は浮気や不倫の証拠になる?

いろんな方が同じ言葉を、同じように使います。「旦那(彼氏)のスマホなんて、見たっていいことなんて、一個もないし違法」って。でもさっきちらっと見えちゃった、すごく怪しい画面だった…(泣)

 

これはもう浮気でしょう

スマホを四六時中手放さず、トイレにさえ持って行ったり、ロックは当然のようにかかっているし、勇気を出して「見せて」と言ったら断られてしまったり。チョイチョイ来るメールに「誰から?」と聞けば「仕事」か「友達」。今メール読んでちょっと笑ったよね。以前は「私といる時、他のメール見ないで」なんて言ってたのに今は…と言う具合です。

 

LINEのタイムラインはどんどん動いているのに電話に出ない日があったり、ちらっと見えた画面が完全に風俗店のサイトだったり。PC(パソコン)から出会い系サイトへアクセスした履歴が出て来ちゃうとか。やり取りの中に、もろにエッチな画像、動画が入っていることも。

 

スマホやメールには証拠能力があるのか

スマホやパソコンの利用方法や頻度が、ある時から急激に変化した場合、その時期から何らかの変化が始まった、と推測することが可能です。しかしそれが浮気かどうかは分かりません。習い事や新しい友達ができたのかも知れません。

 

メールやラインの相手が誰かが分からない以上、どのような内容でも浮気の証拠とすることは不可能です。「愛してる」などのやり取りは、証拠採用される場合もありますが、相手が特定されなければ、ふざけているだけだと言い逃れることができるかも知れません。

 

風俗店や出会い系サイトの利用から性交渉を行った場合も不貞行為と認定されることがありますが、近くにどんな店舗があるのかを検索しただけでは、実際にセックスやそれに近い行為を行ったかは不明のままです。「調べただけ、行くのはやめた」と言えば終わりです。

 

エッチ中の画像は、鮮明度、写り方などによっては浮気の証拠として力を持つことがあるでしょう。それでも「これは私ではない」「貰った画像」など、言い逃れられる可能性もあります。

 

事実を突き止めるしかない

浮気の証拠を得るためには、「セックスに興味関心がある」証明だけでは不十分です。相手が実際にいて、性的関係にあることが誰の目にも明らかになるようなものを用意しなくてはなりません。

 

浮気の場合は不貞行為、つまりセックスをしたのかが決め手です。スマホを確認するのは1回、2回にとどめましょう。怪しい相手の情報を可能な限り探ったら、それ以上は手を出さない方が無難。いつ会うかの目星がつくよう、パートナーをよく観察し、怪しい日には事実を確実に調査します。

 

いつ、誰とどこで、何をしたのかが分かるような証拠を得るには、追跡調査や専門の機材を利用した調査が必要になるかも知れません。慣れている方に協力してもらえば少ないチャンスを生かせると思います。それまで調べた「証拠未満」の証拠も、補強材料になりますので無駄ではありません。

 

⇒メールやLINEから浮気の証拠を掴む探偵・興信所一覧