風俗は浮気の証拠になる?

風俗店通いは浮気や不倫の証拠になる?

子どもが旦那の財布を見つけておもちゃにしてて、「ダメダメ、やめて〜」なんて止めに入ったその時です。出てくる出てくるポイントカードに会員証、ド派手な名刺にはかわいい手書き文字でメッセージ…

 

風俗通いがバレるきっかけ

大抵の風俗店で作っているのが会員証、ポイントカードです。このほか、キャストや嬢(風俗嬢)、姫と呼ばれる女性、ひとりひとりが名刺を持っていることも。お店と連携して、その名刺が次回の割引になったりもするようです。これらを大事に隠し持っていて、油断したりアクシデントから奥さんの目に留まってバレる、と言うケースが多いです。

 

この他夫のスマホをのぞいたら、風俗店の検索履歴が残ってたとか、地域の風俗店を集めたサイトページにブックマークをつけていたとか。車で移動する方では車内に上記のカード類を隠していて、家族旅行の時に見つかっちゃうとか。ホテルを利用する出張型の風俗店では、ホテルの支払いからバレたりも。全ての風俗にはお金が必要なので、お財布の事情から発覚する事もあります。

 

最後に一番怖いのが「性病」です。風俗嬢から男性、そこから妻や彼女と性病が広まって浮気がバレる、と言う事があります。

 

風俗通いが浮気の証拠?

浮気は「夫婦以外の相手と好んで性的関係を持つこと」が該当しますので、相手が風俗店で働く女性の場合でも該当します。特に同じ女性を何度も指名し、何度も関係を持ったと証明するものがある場合、より強い浮気の証拠として認められる可能性が高まります。誤解しがちですが、それでもなお法律上は「1回でも浮気」です。

 

しかし「一度だけ」の気の迷い、そのカップルでセックスレスが相当期間あるなど、やや「やむを得なかった」と情状を認められる場合もあるようです。つまりカップルで責任を分かち合う方向で解決しようとする場合もあるのだとか。

 

さらに風俗店には様々なサービススタイルがあり、地域差があったりお店によっても微妙なルール設定があるなど、サービス内容を完全に把握するのが大変困難です。

 

結局お店を突き止めても「○○っていうお店に行ったかもしれない」と言う証拠があるだけ、「不貞行為」(セックスとそれに近い行為)が行われた証拠があるか、と言う問題が浮上します。

 

風俗店での浮気の証拠を取るには

例えばパートナーが持っていたカードをスマホなどで撮影しておき、画像からどこのお店かを調べる方法としては、ネットを利用する方が多いかも知れません。そのお店に行ったことがある方が見つかれば、その方から営業内容を聞き出すことで肉体関係を持ったかどうか、それに近い行為を行ったかが分かります。

 

現状、ソープランドと言う種類の風俗店が最も深く、肉体関係をサービス内容としています。間違いなくソープランドへ行き、一定時間を経過して出て来、会計を済ませていれば、浮気の証拠として良く、1回だけよりは複数回の利用が証明できた場合、より強い浮気の証拠と捉えられるでしょう。

 

風俗店へは従業員以外の女性が立ち入ることができないことも多く、浮気した夫と似た立場の「利用者(お客さん)」や従業員などは簡単に協力してくれません。専門知識を持つ方に頼って調査する方が賢明かも知れません。

 

⇒風俗店から浮気の証拠を掴む探偵・興信所一覧